置き換えダイエットは運動なしでも効果あり!1週間で4kgも可能

置き換えダイエット効果なし

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。

流行りの置き換えダイエット。

 

挑戦してみたいけど・・・

運動なしで痩せるのかな〜?

なんて考えていませんか?

 

置き換えダイエットはたくさんの成功者を輩出しているメジャーなダイエット方法の1つ。

ただ、運動なしで本当に痩せるの?と思っている人も多いと思います。

 

結論からお伝えすると置き換えダイエットで痩せることはもちろん可能なのですが、実はコツを掴むことが重要です。

どのようなコツを掴む必要があるのやなぜ運動なしもで痩せられるのかなどお伝えしていきますので、置き換えダイエットをしようか悩んでいる方は必見です!

 

置き換えダイエットとは

置き換えダイエット

置き換えダイエットは、1日3食のうちの1、2食をカロリーが低い食品やドリンクなどに置き換えることで無理せず痩せることを目的としたダイエット方法です。

1日の摂取カロリーを抑えることで、消費カロリー以上に摂取カロリーを増やしてしまうことを防ぐことで自然と運動なしでも痩せることができるという方法。

 

1日の中でも置き換えるのに効果的なタイミングは夕食とされており、これは夜に食べるものの方が脂肪になりやすいことが関係しています。

全く食事を食べないと空腹感から、たくさん食事を食べてしまい結果カロリーオーバーで太ってしまうということになってしまうのを防ぐ方法として編み出されており、満腹感のあるものを置き換える食事として選択するのが大切です。

 

それ以外にも重要なのが自分にあった置き換え食品を選ぶことが大切です。

長く続けて効果を実感する方もいるため、続けられるものを選択しましょう。

 

ただ、本当に運動をしなくても痩せられるの??

と思ってる人も多いかもしれません。

そこで、置き換えダイエットが運動なしで痩せられる理由についてお伝えしていきます。

 

置き換えダイエットが運動なしで痩せられる理由

なぜ置き換えダイエットが運動なしで痩せられるかをお伝えするときに欠かせないのがカロリーの話。

運動でカロリーをどのくらい消費するのかあなたは知っていますか?

ダイエットの基本は消費カロリーより摂取カロリーが少ない状態をつくること。

運動の消費カロリーを知ることで置き換えダイエットのすごさを実感できると思います。

 

運動の消費カロリーはどのくらいあるのか?

軽い運動とダイエットを始めるのに取り入れやすいものといえばウォーキング。

体重や速度によってもことなりますが、ウォーキングを1時間して消費するカロリーはおおよそ170kcal前後です。

ジョギングであれば高い負荷で行っておおよそ450kcal前後

1時間もジョギングをするのは運動嫌いの方にとっては拷問のような時間だと思います・・・

 

一方で食事はどのくらい摂取カロリーがあるのでしょうか?

 

食事の摂取カロリーはどのくらいあるのか

摂取カロリーですが、例えばご飯1杯を普通にお茶碗に盛ったときはおおよそ240kcalほどです。

この時点で1時間のウォーキングのカロリー量を突破します。

そして、2杯食べてしまえば、ジョギングを1時間した消費カロリーをオーバー。

 

「あれだけ頑張ったのに・・・」

 

実際にやってみたことがある方はこのように思うのではないでしょうか・・・

 

消化によくヘルシーなイメージのあるお蕎麦やうどんでも1杯でおおよそ300kcal前後はあります。

ミートソースのスパゲティーは1皿でおおよそ600kcalほど・・・

中華そば(ラーメン)も650kcalとかなりのカロリー量です。

 

主食をあげただけでも運動するより食べるものを制限した方がいいというのはわかると思います。

これ以外にもおかずや間食、糖分のある飲み物を飲んだり・・・

といったように摂取するカロリーは意外と多く、それが消費しているカロリー量を超えると太っていってしまうんです!

 

ところで気になるのが基礎代謝量。

何もしなくても消費するカロリーである基礎代謝ですが、どのくらいあるのか知っていますか?

 

消費カロリーから摂取カロリーを考える

30代の女性の平均的な女性であればおおよそ1200〜1400kcalほどが基礎代謝になっているはずです。

 

基礎代謝は

  • 年齢
  • 性別
  • 身長
  • 体重

によっても変わってきますので、気になる方は一度ツールを使って計算してみましょう。

 

この基礎代謝以外にも、生活する中で歩いたり、走ったり、階段を上がったりなど日常生活で消費するカロリーがあります。

例えば、睡眠は8時間で350kcal。

意外と消費カロリーが大きいんですね。

なので、睡眠時間が短い人も太りやすいと言われています。

 

それ以外もたったまま会話するのは1時間でおおよそ110kcalといったように以外にもカロリーを消費しています。そのため、1800kcal〜2000ckcalくらいが摂取して大丈夫なカロリーとも言われています。

ただこれは大まかな数値であり、先ほどお伝えした基礎代謝と合わせて、どのような1日過ごしているのかによっても変わってきますので、1つの参考にしてみてください。

 

続いては置き換えダイエットの効果についてお伝えします。

 

置き換えダイエットの効果は?

辛い運動をするより食べるものを制限した方が効果が高いことから注目されている置き換えダイエットですが、どのくらいの効果があるのか口コミを集めてみました。

 

 

みなさんすぐに効果を実感して2〜4kgほど痩せているといった口コミがありました。

1週間で4kg痩せることができればかなりすごいいペースで痩せられそうです(続けられればですが・・・)

やはり運動なしでも食事を制限することで口コミからも痩せられることは明らかです。

 

ただ、ここで不安になるのが、

「数日とか1週間だからでしょ?」

という考えや

「そもそも1週間も無理だわw」

という気持ち・・・

 

そこでズボラ女子でも置き換えダイエットを成功させるコツを伝授します!!

置き換えダイエットを絶対に成功させたい方は必見です。

 

置き換えダイエットをするなら必見のコツ

置き換えダイエットの副作用と危険性

栄養が含まれているものを選ぶ

いくら置き換えダイエットをするからといって食事を制限して、栄養が偏った状態になるのは体調面や美容面を考慮しても避けたいところです。

栄養をバランスよくとるといった観点では、酵素ドリンク系やスムージー系のダイエット商品を取るもの1つの方法と言えます。

これらの商品は不足しがちなビタミンやミネラルなどの栄養を補うだけでなく美容にいい成分も配合されていることが多いので、綺麗になりながらダイエットできると人気が出ています。

 

実施に痩せたという方も多いので、気になる方は取り入れてみてください。

ツイッターでも口コミで「1週間で4kg痩せたよ」という反応があったすっきりレッドスムージーもおすすめの1つです。

美容や健康などを意識して作られたのがレッドスムージーなので、美容を特に意識するのであればレッドスムージーにしてもいいでしょうね。

>> グリーンスムージーとレッドスムージーの比較

 

自分にあったものを選ぶ

やはり続けられるものを選ぶのが置き換えダイエット成功の近道です。

いくら痩せられるからといって美味しくないものや好きではない食品で置き換えするのはストレスになります。

 

実はストレスは食欲と大きく関わっていて、ストレスがますとコルチゾールというストレスホルモンが分泌されます。

コルチゾールは食欲を増すホルモンを分泌してしまう原因になりますので、それによって、どか食いをしてしまう原因になってしまうのです。

よくストレス太りという言葉を聞きますがこれにはホルモンの働きが密接に関わっています。

 

そのため、置き換えする食品ももちろんそうですが、それ以外にも2食置き換えてストレスになる方はまずは1食から始めるなどどのくらいの量を置き換えるのかもストレスにならない範囲で考えるようにしましょう。

 

満腹感があるものを選ぶ

満腹感を選ぶのはやはりお腹が空いて我慢できなくなってどか食いしてしまうというのを防ぐためです。

お腹が空いた状態で一気に食べてしまうと吸収力が高まっているので普段以上に太りやすい状態で食事するようになってしまいます。

 

さらに食べる量も多くなってしまいますので、カロリーオーバー×太りやすい状態で食事することになるため、リバウンドは必死。

せっかく頑張って置き換えして痩せた努力が水の泡になってしまいかねません。

満腹感があるものを選ぶのはとても大切なことなのです。

 

どか食いが怖いという方は海外のスーパーセレブも取り入れている話題のスーパーフードであるチアシードがおすすめです。

チアシードは水に浸すと数倍に膨れがるので満腹感を得られるだけでなく栄養素が豊富なので、置き換えダイエットに適した食材として注目を集めています。

日本ではモデルのローラさんもテレビで取り入れていることを公表していますし、グラビアアイドルの葉加瀬マイさんも美ボディを作るために取り入れているんです。

 

食べ方を工夫する

食べ方を工夫することはとても大切です。なぜならそれによって太りやすい状態を作ってしまうからです。

よく野菜から先に食べた方がいいと言われているのは炭水化物から先に食べてしまうと血糖値が急上昇してしまうためです。

血糖値が急上昇するとそれを抑えるためにインスリンが分泌されるのですが、インスリンが大量に分泌されるとそれだけ脂肪が作られやすい状態になってしまうのです。

 

つまり食べる順番を工夫するだけで、痩せにくい状態に近くことができるんです。

置き換えダイエット以外のところでも、1つ1つの習慣を大切にしていくことで、痩せやすい状態を作ることができます。

ダイエットが続かない理由の1つは効果を実感できないからです。

効果を実感してやる気が続くように簡単にできることを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

よく噛む

よく噛むことも取り入れてやすく効果を実感しやすいものです。

よく噛むことが重要な理由は2つです。

 

1つめは満腹感を実感しやすいことです。

よく噛むことで満腹中枢が刺激されるのでそれだけ満腹を感じやすい状態を作ることができます。

 

2つめは食べるものが分解されやすい状態になるので、栄養として吸収されやすい状態を作ることができなおかつ、脂肪になりにくい状態を作ることができます。

 

食べ物はしっかり分解ができないと、体にとっては異物となり脂肪になりやすい状態になってしまうんです。

いつもよりしっかり噛んで食べる習慣を作っていきましょう。

 

運動しなくてもカロリーが消費されることをする

それ以外にも置き換えダイエット中に取り組みたいのが、運動なしでもカロリーが消費しやすいことをすること。

 

例えば、入浴は1時間で150kcal前後消費します。

さすがに1時間お風呂に入るのは子供がいたりすると難しいという方もいるかもしれませんが、運動せずともウォーキングに近いカロリーを消費できるので、取り入れられる方は取り入れてみて下さい。

 

それ以外にも、ストレッチをしてめぐりをよくしたり、カプサイシン(唐辛子に含まれる辛い成分)などが含まれるスープや食事を取り入れることで、体温をあげることで代謝を促進するという方法もあります。

体温は1度違うと消費カロリーが12%も違うことがわかっていますので、運動なしでもカロリーが消費されやすい状態をつくることで、痩せやすい体に近づけていくことができるんす。

 

負担にならない範囲で細かい工夫を積み重ねることで、痩せやすい状態を作っていきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

置き換えダイエットは運動なしでも様々な工夫を積み重ねることで痩せることができます。

効果をUPさせるためにも、取り入れられるものから取り入れて様々な方法で置き換えダイエットを成功に導きましょう。